HOME > 入試情報 > アーカイブ > 2017年9月

入試情報 2017年9月

細田学園 /三郷、吉川、塾 小島進学セミナー

 本日、当セミナーに細田学園の新井校長先生
と入試担当の先生方がいらっしゃいました。
 
そこで、ちょっと細田学園のご紹介を!
 
細田学園は、志木市にある1学年400名の
共学の私立高校です。
2年ほど前に新校舎ができ、素敵な空間で
学習できます。
 
昨年私が、入試についてお話を聞かせて
頂いた部屋は、教室の全ての壁にプロジェクター
で画像が映る教室!そして、なんと全席に
ノートパソコンが!

 
そしてなんと、人工芝のサブグランドが
できたそうです!
 

細田学園は、6つのコースがあります。
「進学α」「進学β」の2コースに加え
学力重視の「特進H」「特進」「選抜G」「選抜L」
の4つのコースです。
 
毎朝、パソコンを使い、海外の高校生と話を
することから学校生活が始まります。
留学しなくても、毎日ネイティブの人と話が
できるなんてすばらしいですね!

 
学力重視のコースは、勉強はちょっと厳しめです。
ですが、先生たちがいつも寄り添ってくれる
面倒見のいいコースです。
 
しかも、進級時にコース変更が可能!
小島から入学した生徒も、2年生になるときに
上のコースにあげてもらいました!
 
さて、パンフレットに書いてあることは
このくらいにして、私の感じている細田学園
について、ちょっとお話します。
 
以前細田学園は、こぢんまりとした温かい
学校というイメージでした。生徒数も多くなく
先生たちの目が行き届き、先生と生徒達で
一つの学校を作り上げているという雰囲気

昔から、私は好きでした。
しかし、大学進学についてお世辞にも良いとは
言えない状況(すみません…)。
 
ここ5年くらいで、細田学園は大きく躍進
しています。
生徒と先生が学校を作るという部分を
残しつつも、先生たちが生徒たちの将来を考える
ようになりました。そう、卒業後の進路について
真剣に取り組み始めたのです。
学力伸ばすためにはどうすればいいのか。
生徒達が将来について考えるようになるには
どんなきっかけを作ったらよいのか。
 
そういう先生同士の話し合いが繰り返され
新しい細田学園に生まれ変わりつつあります。

現場の先生たちが、自分が教えている生徒達を
見て、学校とはなんだとうことを、もう一度
考え直す。こういうことは、なかなかほかの学校
ではできないのではないでしょうか?
 
先生たちの活気が素晴らしいことが、細田学園を
お勧めする最大の要因です!

先生たちが生徒たちのために必死に取り組んでいる
学校って、実は少ない気がします。
 
温かくて面倒見がよい、そして生徒の将来について
真剣に考え、生徒と共に苦労する学校。
それが細田学園だと感じています。

 
細田学園の入試情報を載せておきますので
興味のある方は是非!
 
◆◆◆ 細田学園 ◆◆◆
 アクセス:新三郷から約50分
       武蔵野線「北朝霞駅」乗り換え
       東武東上線「志木駅」
       徒歩5分程度
 
説明会日程
       10/7(土)・11/11(土)・12/9(土)
 
個別相談 ※予約制です
      10/22(日)・10/28(土)・11/19(日)
      11/26(日)・12/17(日)
      平日にも個別相談アリ
 
入試日程: 1月22日・1月23日
        延納金は必要なし!
 ホームページ
https://www.hosodagakuen.jp/

また、お勧めの高校について
お知らせしようと思います。

1

« 2017年7月 | メインページ | アーカイブ | 2017年10月 »

このページのトップへ