HOME > つぶやきシロー(塾長コラム) > アーカイブ > 2017年1月

つぶやきシロー(塾長コラム) 2017年1月

本気の受験をしている奴がいる!~受験は「出来レース」ではない~

こんばんわ。 つぶやきシローです。

いよいよ明日から、埼玉・都内の私立高校
入試が始まります。
そして、明日第一志望校の受験である生徒も
たくさんいます。

そこでひとつお話を。
「私立高校は、合格するようになっているんだ」
こんなことをおっしゃった、中学校の先生が
いらっしゃるようです。

待ってください。
では何のために受験をするのでしょうか?
私立受験は出来レースなのでしょうか?

もちろん、中学校の先生は生徒たちを安心
させるために声をかけてくれたのでしょう。
そう受け取り、ありがたい言葉として
いただいていいのですが…

自分の力が出せるかどうかドキドキし
「今更だけど、もっとやれたのに…」と
今までの自分を後悔し、それでも
「やれることは全部やってみせる!」
と決意し。

こういうことを、子供のうちに経験することが
重要であり、その経験を積むことがこの
「高校受験」の意味合いなのでは
ないでしょうか?

この高校受験で、人生の全てが決まって
しまうわけではない。
でも子供達は自分の将来のためと
必死になり、自らを成長させようと努力し
その中で、くじけたり、喜んだり、踏ん張ったり
そういったことを経験してゆく。

なのに始めから
「高校受験で人生が決まるはずないよ」
となってしまったら、この高校受験の意味なんて
全くなくなってしまいます。

大人にとっては「勉強なんて」「受験なんて」
と言えるものでしょうが、私共小島進学セミナーは
「本気になることの大切さ」
「自分にもできるという自信を」
等々、この高校受験で子供達は大きな
経験をしていると実感しています。

そして、それほど本気になるからこそ
本気で喜ぶことができ、本当に悔しがることが
できるのだと感じています。

千葉県の私立高校受験では、
実質倍率で2倍を超える学校が多数!
その中で合格を勝ち取った小島の生徒たちは
本当に喜んでいます!

そして、残念ながら不合格だった生徒も
本気で悔しがり、本気で落ち込んでいます。
そういった生徒の気持ちを、私共スタッフが
何とか支えています。
本気でやったからこそ、悔しがり落ち込んで
だからこそ、こう言ってあげていいんです。
「合格できないからって
         何かが変わるわけじゃない」

中学校の先生も、入試に関してはもう少し
関心を持っていただきたいです。
そして、子供達を成長させるひとつの
タイミングとして、この高校受験をとらえて
いただけると嬉しいです。

私共、小島進学セミナーは
この高校受験で、子供達にたくさんの経験を
していただこうと改めて、強く感じております。

と、なんだか硬いお話でもうしわけありません!


大学受験まであと3年と10日!

こんばんわ。
つぶやきシローです。

さて、高校入試開始まであと13日となりました。
冬期講習も大分内容が濃くなってきましたね。
復習頑張っていますか?

高校入試もそうなのですが、君たち受験生が
大学受験をするまで、あと3年と10日となりました。
今年は、1/14(日)にセンター入試が行われます。


小島のMSTメンバー、特に国立大学志望者は
この10日間にすべてをかけて頑張っています。

小島の高校受験を控えた生徒たちも
受験校を考える中で、大学進学ということを
大分考えたんじゃないかな?
実は遠い目標ではないのですよ。

今現在、「中1から勉強しておけばよかった!」
と後悔はあるはず!ですから、次の3年間では
同じ後悔をしないようにしましょうね!


とはいえ、まずは目の前の高校受験にむけて
必死になろう!
この高校受験で、どれだけ思いっきりできたか
が、さらに3年後の大学受験を占うものになる!


人生の途中経過だから、結果に恐れる必要は
ないんだ!自分が納得できるまで努力して
見せろ!それが、この高校受験の一番の
目標だぞ!


頑張れ小島受験生!

1

« 2016年12月 | メインページ | アーカイブ | 2017年3月 »

このページのトップへ