HOME > 小島徒然ブログ > 4ページ目

小島徒然ブログ 4ページ目

入試制度勉強会を開催いたしました! / 三郷、吉川、学習塾 小島進学セミナー

 ブロガー:城 
こんばんわ?おはようございます?

今日は、小島進学セミナーが誇る
「入試制度勉強会」を開催いたしました。
ご参加いただきました保護者の皆様方
ありがとうございました!

この「入試制度勉強会」では、現在の
埼玉県の入試制度についてや高校進学に
おいて、保護者の皆様が知っておくべき情報

公演形式でご紹介いたしました。

しかも、講師には埼玉県No,1の入試情報ツウ
でいらっしゃる岩佐桂一先生をお迎えしました!
そう、「テレビに出てる人!」です。
埼玉テレビの高校入試解説番組のレギュラーで
普段は、一般向けというよりも、高校の募集担当の
先生方に入試のアドバイスをされている方です。

岩佐先生の講演は、本当に理解しやすく
「なるほど!」や「ハっ」とさせられることが満載!
中学校や他の進路セミナーでは、なかなか
聞くことができない内容まで、じっくりご説明して
頂きました。
岩佐先生ありがとうございました。

さらに、NPO埼玉教育ネット理事長の野口繁先生
にもお越しいただき、エールをいただきました。

私の尊敬する御二方が、小島主催の会に参加して
いただけること、また小島の受験生の為に力を貸して
くださることが、本当にうれしくて仕方ありません!
岩佐先生、野口先生、本当にありがとうございました。


岩佐先生の講演後、わたくし城もちょっとしたお話を
させていただきました。サブタイトルは「大人の反省会」
でしょうかね!


入試制度勉強会とは、私ども小島進学セミナーの
全学年の保護者の皆様対象の入試セミナーです。
しかし、私どもの本音としましては、
三郷、吉川地域の皆様に、少しでも受験について
知っていただきたく、開催している会
です。
本日も、100名定員の予定が、123名の保護者の
方々が参加してくださいました。

会を終えて、岩佐先生、野口先生が開口一番
「小島の保護者の皆さんは、熱心に聞いてくれますね~」

と、お褒めの言葉をいただきました。
確かに、3時間にわたる講演会です。集中が持続しないのが
普通の講演会だそうです。
私もうれしくて仕方ありません!

公演前には、ポスターセッションと相談コーナーも
ご用意いたしました。たくさんの保護者の方が
お子様についてのご相談をしに来てくださり
保護者の皆様の熱心さに感激しております!
時間の都合で、ご相談をお受けできなかった方も
いたはずです。申し訳ございません。

是非お電話いただき、なんなりとご相談ください!

また、一番うれしかったことは、お父様方の参加が
年々増えていっていることです!
お仕事でお疲れの
ところ、本当にありがとうございました。
いつか、男だらけの受験セミナーができることを
夢見ています!


配布させていただきました様々な資料、そして
私の話を通し、小島のスタッフの「熱い気持ち」
皆様に届いてくれると幸いです。

さぁ小島の生徒たち!
みんなのために大人たちも動いているぞ!
期末までの1週間、やれることを精一杯やって
見せようじゃないか!
主人公は君たちだ!


と、いうことで興奮冷めやらぬ状態で
寝るタイミングを失ってしまった城でした。
乱文をお許しください!

保護者の皆様方、本当にご苦労様でした!


朝日だ~! /三郷、吉川、学習塾 小島進学セミナー

 ブロガー:城 
おはようございます?こんばんは?
朝日が出ました。

授業が終わり、会議をし、スタッフみんなで
夕食を食べ(今日はかつや)さて、寝るかと
思ったら、泰三先生、皇介先生が仕事をはじめ…

二人が頑張ってるんだ!負けてられない!
と、明後日から始まる対策授業の教材を作成開始!

飯塚先生も、参戦し、4人でパソコンに向かって
各々の仕事を始める。
しかし…

なかなか誰も終わらせない…
私は、高校の情報収集に朝から出かけていたので
ちょっと眠いのだが…

皇介先生に「無理しすぎるなよ~」と声をかけると
「ははは~。 でも、これやらないと奴ら点数とれないから!」
とサラッと返答され…

そう、そして朝日を拝むことになりました!


昨日の3-S、3-SSの授業でも話をしたのですが
仲間の努力をみて、自分の努力を続けることも
できる。これがひとりで勉強してるのとは違うんだ!


さぁ、明後日から期末対策授業だ!
小島の生徒達!かかってこい!!

結局5時過ぎまで4人で対策授業のプリントを
作り続ける小島のスタッフでした~。

能力あっても努力が必要! /三郷、吉川、学習塾 小島進学セミナー

 ブロガー:城 
こんばんわ? おはようございます?
今日は、3年生の授業での話をちょっとさせて
もらいたくてブログを書きます。

「能力がなくて勉強ができない」
小島にはそういう生徒は一人もいません!
というより、中学生でそういう生徒はひとりも
いないのではないでしょうか?

小島の授業では、授業中にわかるまで
できるまで学習します。わからなければ
とことん質問してくれる生徒ですし、わからない
生徒をほおっておくスタッフは一人もいません。

しかし…

中学3年生にもなれば、わかっただけでテストが
できるような、簡単な学習内容ばかりでは
ありません。

せっかく理解して、授業中にできていても
それを忘れない努力、スピードを上げる練習
間違いを減らす努力をしなければなりません。

「ワークをやること」=「勉強」という考えでは
入試は突破できません。


今日はAクラスの授業でしたが、以前には
点数が取れなくて怒られていた「展開」の問題
が、全員満点が取れるようになりました。

毎回の授業で、小テストを繰り返し、できない問題
を質問しなおし解説しなおし、練習しなおしたから
時間はかかったけれど、みんな満点をとれるように
なったんです!

でもね、受験までに「展開」だけではないんだよ…
小島では1・2年生の内容だってやり直すんだ!

そしたら、今回の「展開」ほど、時間をかけることは
できないんだぜ!

だからこそ「家でも練習する!」これを忘れるな!
君たちは「できない奴」ではもうないんだ!
練習すればできるようになることだってわかったし
質問すればいつでも付き合ってくれる「小島」という
最強の味方がいることも分かっただろ!


さぁ、自分を変えてみろ!
ここがチャンスだぞ!
頑張ろうぜ!小島の受験生たち!

教室開放も上手に使えよ!↓予定表だ!
http://www.kojimajuku.com/news/entry/56/

盛り上がってきたぞ!小島の教室開放!/三郷、吉川の学習塾 小島進学セミナー

 ブロガー:城 

こんばんは?おはようございます。
中間対策授業が終わり、今日から通常授業
が始まりました。
と言いましても、生徒達の勉強が終わったわけ
ではなく、気を引き締めていかなければなりません。

ということで、今日は小島の授業後会議の後
さらに、会議を開きました。(MAC食べてから…)

【盛り上がってきたぞ!小島の教室開放!】
さてさて、先週の日曜日の事を今日はちょっと
話しをしたいと思います。

ほとんどの学校が中間テストを終え、教室開放
を利用する生徒が少ないかな… と思いながら
日曜日を迎えました。
 すると…

まずは、MST(高校生部門)の生徒達が
教室開放に
やってきました!
MSTの会員は、小島の卒業生です。ですから
昨年の受験の頃を思い出して、ちょっと感激!

さらに、瑞穂中の生徒達が、3年生も2年生も
教室開放に!
 月曜日が中間テストだったので
一生懸命頑張っていました。
単に「お勉強」ではなく、順位を上げたいという
気持ちが伝わってくる集中力でした!

そしてそして、中間テストがない吉川南中の
3年生が、しかもAクラスの生徒達が
、数学の
計算問題を練習しにやってきてくれました!

小島の教室開放2017も、だいぶ盛り上がって
来ました!
途中、小島の卒業生で、三郷市の消防署に
勤務を始めた子
が、差し入れをしに来てくれました。
あんなに細かったのに、マッチョになって!
小島の卒業生が、地域を守ってくれているなんて
本当にうれしいです!

さぁ、小島の生徒達!
中間は終わったばかりだけど、期末テストまで
もう1ヶ月しかないぞ!教室開放を上手に利用して
力をつけようじゃないか!


小島の卒業生が埼玉新聞に! /三郷、吉川の学習塾 小島進学セミナー

 ブロガ―:城 
こんにちは!
今日はうれしい報告があったのでお知らせ
いたします!

小島の卒業生が、埼玉新聞に掲載され
ました!!
しかもかなり大きく!
記事はこちらです!


彼は、三郷北高校演劇部に所属し、役者を
目指して頑張っています!
ということで、告知です!

 三郷北高校 演劇部 自主公演
   4月30日(日)午後4時開演
   演目:壱屋源内春色恋吹雪

 小島の卒業生は、主役を演じます!

小島の卒業生の活躍が、新聞に掲載される
なんて、私どもスタッフも嬉しくてたまりません!
ちょっと残念なのは「引きこもりを乗り越え」
という見出しになってること…

彼は、引きこもりではなく、血圧が上がりにくい
病気で、記事にもありますが、彼は中学1年2年
と学校に行くことも辛く、授業も行事も参加できない
状況でした…

中学3年生で小島に入塾してくれたのですが
1・2年生の基礎が入っていない状態…
仕方ないですよね。
お母様からも、本人からも現状と、今後どうして
行きたいかをたくさんお話してもらい。
「公立高校に合格する!」という目標のもと
小島で受験をすることとなりました。
かなり厳しい戦いになることは、本人も
私達スタッフもわかっていましたが…

ところが、その戦いが始まってみると、彼の勢い
は素晴らしい!
「なんでも質問していいぞ!」という雰囲気が
彼には、とてもあっていたのでしょう。
「なんでそうなるの?」や「てことはこうなるの?」
という理解を大切にした質問や意見をガンガン
出してくれます。クラスの雰囲気も、彼の背中を
押してくれました。


もちろん苦しいこともたくさんありました。
応用問題にチャレンジしたいのに、1・2年生の
範囲がわからず苦労したり、病気と付き合いながら
ですから、小島のプリントを練習できなくて悔しがったり。

それでも3科目で偏差値を19も上げて!!
第一志望である三郷北高校に合格しました!

偏差値もそうなのですが、彼との授業がまぁ楽しい!
ちょっとでもわからなければすぐ「まってまって」と
質問し、わかったことでも「こういうことだよね?」と
どんどん意見も出してくれる!
これのどこが引きこもりなんだ~!

高校入学後は、MSTで教員を目指し勉強して
いましたが、演劇部の練習と、将来も目標に
「役者」を含めはじめ、今は演劇に集中して
います。

三郷北の演劇部は、他とは一味違うそうです。
コンクールで賞を取ることよりも
見てくれる人たちに楽しんでもらうことが
一番に考えた劇をするそうです!
皆さん、是非4月30日は文化会館へ!


研修に行ってまいりました! /三郷、吉川の学習塾 小島進学セミナー

 ブロガー:城 
4月16日(日)は、教室開放をお休みにさせて
いただきました。理由は、私と飯塚が研修に
参加するためです。

研修です。旅行ではありません…
生徒達にもそう伝えたのですが…

研修に参加されたメンバーは、私と飯塚以外は
埼玉でそうとう頑張っている学習塾のトップと
あとは、埼玉教育界のドン達です。
(ちょっと実名は出せませんが…)

鬼怒川のホテルで、研修会をし
そのまま宿泊をしてまいりました。

研修後の宿泊する部屋で、教育界の大物の
皆さんが、大盛り上がり!
公立高校の話や、私立高校の現状や今後の
話しをたっぷり聞かせていただきました。

話しが終わったのは朝4時!
私と飯塚は、このメンバーの中ではペーペー
ですから、飲み物の準備から何までやらせて
いただきながら、話に参加させていただく感じ。

もちろん朝4時まで、じっくりお話を聞かせて
いただきました。

せっかくなので、そのあと飯塚と私で温泉に
つかり、就寝は結局6時頃…
それでも、本当にいろいろと学ばせて
いただきました。

埼玉の中学生のために、努力しているのは
私ども小島進学セミナーだけでなく、教育界の
大物の方々も、本当に中学生のために
様々なことを考えてくださっています。


そのことに感銘を受けた研修旅行、いや!
研修会でした。

私と飯塚にとって、授業も教室開放もない日
というのはとてもレアで、それだけで
テンションがあがってしまいました!

明日から皆さんにお土産を渡しますね!




やっぱり熱いぜ! /三郷、吉川の学習塾 小島進学セミナー

 ブロガー:城 
こんばんは?おはようございます?
今更エイプリルフールに何もしなかったことを
悔やんでいる城です。痛々しいのは嫌ですが…

さて、今日は題名の通り「やっぱり熱い!」
と感じざるを得ない小島のスタッフたちについて
話します。

今日も授業後の会議は、もう大変!

「あの子が変わってきている」「この子はもっと
気合を入れないと!」と、生徒たちの話がバンバン
出ながらの会議。生徒の指導方法については
さらに加熱!「こう教えた方がいいのでは?」から
「理解したかどうか常に疑おう!」ともうスタッフの
話しが止まりません!

小島は、50年の歴史があります。
三郷、吉川地域では最も古い学習塾です。
しかし!
常に新しい指導方法や、子供達に対する考え方
を話し合い、20年子供達を指導してきた私も
スタッフの話についていくのは必死です。

もっとも古いが新しいくて熱い塾!
自画自賛で申し訳ないのですが
そう感じざるを得ない!

小島の雰囲気 す て き !

さらに、今日はMST部長の眞砂先生とも
夕食を食べながら、今年の作戦について
語り合いました。

百戦錬磨の眞砂先生でも
「まだまだやり切れていないんだ!」
今年に掛ける意気込みは凄い!

ホントにいいスタッフに囲まれて私も、そして
生徒達も幸せです!

ガツガツ行こうぜ小島!
徒然アイコン青

中学2年生Aクラス奮闘記 /三郷、吉川の学習塾 小島進学セミナー

  ブロガー:中村 
ブログをはじめて書きます。中村皇介です。
今日は2-Aについての話をさせていただきます。

私は3月のクラス編成で2-Aの数学を担当する
事になりました。1-Aの国語・社会を担当していた
ので、引き続き彼らを担当できることになり
嬉しさと不安を同時に感じました。

「中だるみ」の時期である中学2年生。
勉強なんて… と感じやすい時期です。
しかも、数学は2学期から突然難易度が上がります。
この難しい時期を、しっかりと乗り越えてゆくには
そうとうの努力が、私も生徒達も必要です。

2-Aの生徒たちは、面白い考えを持っている生徒が
多く、小島らしく「濃い生徒」がたくさんです。
ですから中学1年生の頃は、授業中意見が
たくさん出るのですが、それが意見なのか
ただのおしゃべりなのかの判断がつかない
ずに、怒られることも…
まだ中学1年生ですから、集中力も乏しい…
その集中力をつけるのも、私の仕事でした。

ただ、彼らの「考えようとする力」の良さは
間違いなく素晴らしいものです。

彼らの良さを伸ばすために、どうするべきか
クラス編成の際に、城さんとにたくさん提案
しました。そして、様々な作戦を考えました。

「強い生徒たちに育てる!」
これが私の2-A担当にあたっての目標です。

しかし…
ちょっと焦り過ぎたところもありました。
難しい問題でも解けるようにという気持ちが強く
でてしまい、授業の構成をする際に急ぎ足に
なってしまいました。教材の作成も、難しい問題に
偏らせてしまい、ただ「勉強させる」ことだけを
追いかけてしまいました。

彼らの解答用紙を見てみると、努力の跡は見れるの
ですが、まだまだ正解に至っていない…

彼らの努力を、点数につなげてあげるために
もっと授業を変えていかなくては…
そこからまた城さんと相談をしながら2-Aの授業を
考え直しました。

そして先日の授業でのこと、うれしく思う瞬間がありました。
先に進むことや、難しい問題への焦りを捨て、彼らの質問や
意見をもっともっと拾ってあげようと、その日は決心して
いました。  「集中力がなくなってしまうのでは…」
そんな不安もありながら、でも彼らができるようになるためだ
と、どんどん意見を出させて質問を聞きまくりました。

質問が出尽くし、「それじゃぁ問題をやってみようぜ!」
と、演習問題を始めたときでした。
それまでの雰囲気とは一変して2-Aのクラスの全員が
ピタッと静かになり、みんな黙々と集中して問題を解いている
じゃありませんか!


私の心配をよそに、彼らは自分が理解したことを問題に
ぶつけているのです!


決して勉強が好きな生徒達ではありません。
つまらないものや、やりたくないものに対してはまだまだ
中学生ですから、逃げてしまうことも多いでしょう。
しかし、小島の2-Aはビシッと集中しているのです!

私はおもわず、「こういう雰囲気いいよね!」
と口に出してしまいました。それほど彼らの成長が
うれしかったのです。
※ちょっと褒めたらお調子者のM君が騒ぎ出したので
 注意しましたが…


授業が終わり、小島スタッフの会議でこのことを話した
ところ城さんから
「悪いことを注意することももちろん大切だけど
       いいことをほめてあげられることも大切だね」
と話しをもらい、本当にそうだなと感じました。

私は、焦るばかりでちょっと彼らの良さを忘れていた気が
します。

そして昨日で小島の春期講習が終わりました。

通常授業一発目でAクラスは計算のテストをしたいと
考えています。いい結果になることを期待してますので
Aクラスのみんな家で練習してきてよ!  たのむ~
(これで出来が悪かったらおこるんだろうなぁ)

この1年2-Aとともに成長していきたいと思います!
中村でした。

なんのために勉強するの? /三郷、吉川の学習塾 小島進学セミナー

 ブロガー:城 
こんばんは?おはようございます?
先日の授業終わりに、お迎えを待っている
生徒がちょっとうつむいている感じがしたので
「どうした~疲れたか~」と声をかけました。
すると、その生徒からはこんな返答が…

「なんのために勉強するのかわからなくなっちゃった」

そうですよね。
何もない状態で、方程式が解けるようになりたい
って本気で思えるでしょうか…
努力を惜しむ生徒でもない、普段頑張っている生徒
からのこの返答は、子供にとって正直な疑問でしょう。

「自由だよ~」

様々あるであろうアドバイスの中から、私がその生徒
と話しをしたのは、「自由」でした。
10分ほど話した後、その生徒はちょっとだけですが
スッキリした顔で帰っていきました。

今日、どこで遊ぼうが、何色の服を着ようが自由
ですよね。だから勉強だって、したってしなくたって
それは自由。そう思いません?


でも、そういうとすぐに「勉強しない自由」を考えて
しまいますが、もちろん「勉強する自由」だって
あるんですよね。

勉強しないで、テレビを見たければテレビを見よう。
携帯をいじりたければ、ず~っと携帯いじってよう。
何をしたって、本当に自分でそれがしたいって
思うならば
、それをすることができるのが自由。

でも、自由の怖さも知らなくてはならない。

「勉強しない自由」を選んだ人は、この瞬間楽しい時間
を手に入れる事ができる。
「勉強する自由」を選んだ人は、その瞬間は勉強する
から、その何も考えない楽しい時間は手に入らない。

その逆ももちろん!
「勉強する自由」を選んだ人は、大変だけど
高校を選ぶ自由を手に入れる事ができる。
「勉強しない自由」を選んだ人は、楽しいけど
自分の好きな高校を選ぶことは難しいだろう。

もっというと自由は自分だけにあるものではない。
高校だってどんな生徒を合格させるかという
自由があるもんね。

だから「自分で選ぶこと」が大切。
ということは「なんで勉強するんだろう?」って
疑問を突き詰めてみることも大切だね!

俺たち小島のスタッフは、次の3年間の自由を
手に入れるために、今努力しようとしている
人を応援している。
自由を得るために、この瞬間大変だろうし苦しい
時もある。それを一緒に感じて、支えている。

大変なことを乗り越えて、自由をつかんだ時の
喜びを一緒に感じたいから、一緒に苦労している。
そういう「自由」を選んでいるのが小島のスタッフ。


そういうスタッフに囲まれているんだから、怖がら
ずに、いっぱい悩んでたくさんの自由から自分の
好きな自由を選ぼうぜ小島生達!

「勉強する自由」を選んだ小島の先輩達で
後悔をしている先輩はきっと一人もいないよ!
なぜか嬉しそうに「大変だった~」「苦しかった~」
って話しているよ!

さぁ、自分の自由を選ぼうじゃないか!



埼玉公立対策は中1から! /三郷、吉川の学習塾 小島進学セミナー

 ブロガー:城 
こんばんは。
今日から新中学1年生の理科の授業が始まり
ました。 範囲は植物。
覚える部分が多いため、しっかり学習すれば
中間・期末テストでも高得点を狙える範囲です!

しかし小島進学セミナーでは、「覚えればいい」
という学習だけで、この範囲をとらえていません。


皆さんご存知の通り、埼玉県の公立入試では
筆記問題が非常に多く、その中でも自分の言葉
で説明を書かせる問題の配点が高くなって
います。

小学校まで、学校の先生の教えを一字一句
覚えることが正しいとされていましたが、それでは
覚えることがたくさんすぎて、パンクしてしまいます。

そこで小島では
「どうしてなのか意味が分かる」
        ↓
「理解したことを自分の言葉で説明する」
この流れを、大切にしています。

当たり前のことではありますが、「自分の言葉で」
という部分が、今の中学生はとても苦手にしている
ようです。

そこで、理科の授業でも、「黒板を写す」のではなく
「わかったことを自分の言葉でまとめる!」ことを
徹底しています。
なんだか、理科の授業をしながら国語の授業を
しているようですね!
理科の自分の言葉で説明する問題の配点は
約30点分あります。
自分の言葉でまとめる癖をつけて行くことが
大切なことは間違いありませんね!

小島進学セミナーでは、中学1年生からすでに
公立入試を念頭に置いた授業が日々行われて
います!

中学1年生のみんな頑張ろう!
※体を使ったあの理科体操は、ちゃんとやったかな?



<<前のページへ12345678

アーカイブ

このページのトップへ